会社紹介
妥協せず、安全性にこだわり、高品質商品の開発を続けた55年。

タイヤには、支える・伝える・曲がる・やわらげる・の4つの働きがあり、いずれも自動車が安全に走行する上でとても重要です。当社は台湾で最も長い歴史をもつタイヤメーカーで、55年にわたって「誠実、実務、革新」 を経営理念に掲げ、実践してきました。これからもユーザーのニーズに対応するため 、「研究開発、差別化、品質向上、顧客の満足、アフターサービス、管理体制の確立」を目標とし、妥協せずに安全性の高い製品を創り出してきています

会社名南港輪胎股份有限公司

設立1959年

売上277億円

代表者会長 江慶興

代表者社長 詹彩雲

営業項目タイヤ開発製造、販売

オフィス台湾:台北本社、台湾新豊工場

オフィス中国:張家港工場

Photo Retrieved from CNA

ブランド

世界に認められた品質

当社は創業以来、タイヤの生産に専念し、多種多様なハイクオリティータイヤを創り続けてきました。その結果、世界的にも権威を持つドイツの自動車専門機構のTÜV SÜDの認証をはじめ、世界各国で様々な認証、賞をいただくことができました。これは当社のタイヤの品質の高さが世界に認められたと言えますが、現状に満足することなく、今後も高い技術力・開発力を活用し、持続可能な社会の実現に貢献しながら、ユーザーの安全運転をサポートしていきます。

新たな目標に向けて、次の50年へスタートを切る

企業の社会価値と持続的成長を図るために、当社は2010年からCIS (Corporate Identity System)を一新。CISプランを通して、新たな企業イメージ、世界基準のブランドを確立し、次の50年へ踏み出していきます。

グローバルステージへの躍進

「誠実、実務、革新」という経営理念で、台湾に根を張って55年。その長い歩みの中でグローバルに発信できる高い技術力と品質を培ってきました。2010年からは国際市場への展開を視野に入れ、その想いをロゴに込めました。当社はこれからも安全性とドライバーの気持ちを最優先するという志を忘れることなく、さらに新しい未来へ向けて着実に歩みを進めていきます。

情熱的なNの湾曲は、永続経営の企業理念と、変わらぬ顧客への愛着というナンカンスピリットを表現。

CISは黒と赤で設計されました。

赤は情熱、顧客への熱意、バイタリティー。黒は企業としての安定性、将来性、専門性、信頼感を表しています。

タイヤがオフロード、凍結路面などいかなる悪路でも乗り越えていくように、当社は様々な問題も乗り越えて、これからも革新し続けます。当社は、台湾でのシェアNo.1を目指すだけでなく、世界市場を見据え、180カ国以上にタイヤを提供。グローバルステージへと着実に歩みを進めています。

Photo Retrieved from CNA