沿革

ナンカンタイヤのタイヤの品質の高さが世界に認められたと言えますが、現状に満足することなく、今後も高い技術力・開発力を活用し、持続可能な社会の実現に貢献しながら、ユーザーの安全運転をサポートしていきます。

1959
南港輪胎股份有限公司(Nankang Rubber Tire Corp Ltd)を設立。同時に日本「横浜ゴム株式会社」と技術供与契約を締結。
1963
11月株式公開を実施
1973
PL-1ヘリコプター用タイヤの開発に成功
1974
乗用車用82シリーズラジアルタイヤを発売
1976
T-28飛行機用の開発に成功
1979
ジェット練習機T-33用タイヤを開発
1980
トラックやバス用ラジアルタイヤの製造を開始
1984
R.O.C品質学会より品質管制団体賞を受賞
1990
新豊工場が車両用のラジアルタイヤ製造を開始
1991
E-MARKを取得し、ヨーロッパ向けの輸出を開始
1994
DNV GL グループとR.O.C BSMIからISO-9001認証を取得
1997
スノータイヤの開発、販売開始
DNV GL グループからISO14001を取得
9月中国の張家港工場の建設を開始
1998
DNV QS-9000認証を取得
2001
ISO/TS16949の認証を取得
2003
20インチのレクリエーショナル・ビークル(SUV/CUV)用ラジアルタイヤの生産を開始
9月張家港工場が一般乗用車用のラジアルタイヤの生産を開始
2007
インドネシアのSNI認証及びブラジルのIN認証を取得
2008
低燃費タイヤを開発
2009
低燃費タイヤシリーズの製造を開始
2010
バイク用ラジアルタイヤの製造を開始
2011
「台湾の百大ブランド」(Top 100 Taiwan Brands)を受賞
2012
RRC実験室を設立し、ドイツTÜV SÜDを取得
コーポレートアイデンティティ(CI)を一新
2014
低燃費タイヤ「ECO-2+」がドイツTÜV SÜDを取得
2015
プレミアムタイヤ「AS-2+」がドイツTÜV SÜDを取得。
PRC実験室がIDIADAの認定を取得
NANKANG RRC laboratory was accredited by IDIADA
2016
NS-2R「台湾精品大賞」(Taiwan Excellence)を受賞
AS-2+ 「Taipei AMPA革新製品アワード」(INNOVATION PRODUCT AWARDS)を受賞
スポーツ系乗用車用セミスリックタイヤ「AR-1」を発売
ランフラットタイヤ(RUN-FLAT) 「AS-2+ ZPMS」を発売